供養のスタイルが変化してきている|納骨堂を利用しよう

公営か民営かで選択可能

数珠

埼玉県内には、霊園に対する需要が多いので急ピッチで開発される地域もあります。倍率の高い霊園もある一方で、駅などから遠いことによって費用を抑えてすぐに利用可能な場所を探すこともできます。どのような条件で探しているのかを整理してから探した方が効率的です。

近年注目を集める供養形式

お線香

運営による違いと特徴

納骨堂とは遺骨を保管しておく堂です。通常屋内にあります。寺院、都道府県や市町村の自治体、民間が運営管理するものがあります。寺院が運営する納骨堂であっても、その寺院の檀家にならずに利用することができるものが多くあります。また、宗派や宗旨を問わないところが多いですが、仏教に限るというところもありますので注意が必要です。民営が運営している納骨堂は、基本的に宗教や宗派を問いません。駅に近いなど利便性が高く、お参りしやすい立地のある場合がよく見られます。公営は、その地域に住んでいることなど、利用するのに一定の条件があります。他と比べて費用が安い傾向にあり、人気が高く、申し込んでも空きがないために利用できないケースがあります。

種類と特徴

納骨堂にはロッカー型、仏壇型、自動搬送型などの種類があります。ロッカー型はコインロッカーのような見た目で、中に遺骨を安置するスペースがあります。仏壇型は仏壇が横にずらりと並んだような外観をしています。上部が仏壇で下部は遺骨を安置するスペースとなっています。自動搬送型は専用のカードキーを機械に読み込ませて操作するなどすると、安置スペースに保管されていた遺骨が参拝スペースに運ばれてきます。多くの納骨堂は、最初に永代供養料や使用料を支払うとあとは管理費などはかかりません。ただし、運営母体によっては維持費などを請求されるとところもあります。申し込みの際はしっかり確認することが肝要です。また、契約期間があるところが多く、更新が必要になります。33回忌などを区切りとして永代墓に合祀される場合もあります。

人口が多く混雑の状況

お墓

神奈川県では、県内やお住まいの近くで霊園を見つけたい方が非常に多いです。ただし、人口が多いので、希望条件に合う霊園を探すのが大変なのも現実です。注意点を踏まえて探し方のコツを再検討すると、いいお墓を探せます。

現在注目を浴びる墓地

鈴

埼玉に登場しているような新しい霊園は、明るく綺麗な環境の中でお墓参りが出来ます。これまでのお墓の雰囲気が一掃されており、快適さで人気を得ています。公共の霊園は埼玉でもかなり人気が高く、申し込みの後に抽選が行われます。モダンなお墓づくりがしやすいのが、新しい霊園です。